美容皮膚科

ホーム > 診察内容・料金 > 美容皮膚科 > サーマクール(RF・ラジオ波・高周波) > サーマクールアイ(まぶたのたるみ専用)

150,000円(税抜)

まぶた専用のサーマクールアイ。目の下のたるみ、目の下のくま、しわ(シワ)の改善。目の上(上まぶた)のたるみ、シワの改善。

2019年(令和元年)2月~フルモデルチェンジした「サーマクール・アイFLX」を導入しました。→詳細はこちら

サーマクールアイとは?


サーマクールアイ(目の上)

サーマクールアイ(目の下のたるみ)

目元は、皮膚が弱く、眼球も近いので、レーザーやフォトフェイシャルの照射ができない領域でした。
特に、まぶた(目の下あるいは目の上)は非常に皮膚が薄く、ヒアルロン酸注入を行なうとボコボコしたり、ボトックス注射を行なうと筋肉のハリが無くなりふくらみが目立つなどの欠点がありました。
手術をしないで顔のたるみを解消してくれるサーマクールに、 まぶた(目の下あるいは目の上)専用の「サーマクール・アイ」が登場しました。(2009年3月より)

まりもクリニックは、中部地区では数少ないThermageのサーマクールの認定施設で、認定医である院長のみが行ないます。


サーマクールアイの特徴


  1. 肌の表面は傷つけず、高周波(RF)を肌の深部に送り込み、熱によりコラーゲンを収縮させ、まぶたのハリ、たるみを改善(即効性)
  2. コラーゲンを徐々に活性化し、1~3ヶ月かけまぶたのたるみ、しわをさらに改善。
  3. サーマクールは、他の治療機器と異なり、1回の治療で、その効果が長期間持続します(持続性)

サーマクールアイの効果

  • 目の上のたるみ、シワ、ハリを改善
  • 目の下のたるみ、クマ、シワ、ハリを改善

目の下のシワが深い方は、PRP療法(自己血小板注入)との併用を御勧めします。
目の下のたるみが強い方、目元全体のたるみが気になる方は、ウルセラアイを御勧めします。

照射方法および施術後のケアー

  1. 麻酔クリームを塗り、20分ほど待ちます。
  2. 麻酔の目薬を点眼し、眼球保護用のコンタクトを挿入します。
  3. 0.25c㎡STチップ(まぶた専用)を使用し、照射を開始。治療時間は30分程度です。
  4. 照射中は、ピリッとした感じ、熱いから少し痛い程度です。
  5. 照射直後、わずかな赤み、ほてり感はありますが、すぐにおさまります。
  6. すぐお化粧は可能です。腫れなどのダウンタイムはほとんどありません。

サーマクールアイ 料金(税抜

  • 目の下(下まぶた) 150,000円
  • 目の上(上まぶた) 150,000円

目の下のたるみ専用のサーマクールを照射中の画像です。
実際は、保護用のコンタクトを装着し、治療を行います。


目の下のたるみ専用 サーマクールアイチップ

左が顔用のチップ、右がサーマクールアイのチップ

まぶたのたるみ専用のサーマクールチップです。
このチップは、顔のたるみのサーマクールと異なります。
まずは、大きさが目の形にフィットするように、チップの先端が小さく(5×5㎜)なっています。もう一つは、熱の深さのピークが1.5㎜と通常のサーマクール(2.5㎜)より浅く設定されています。

2019年(令和元年)2月~フルモデルチェンジした「サーマクール・アイFLX」を導入しました。→詳細はこちら

キーワード サーマクールアイ 目の下 目の上、 目元 たるみ しわ くま 


治療機器のご紹介

  • 牧野ドクターの最新美容情報
  • キャンペーン情報
  • お問い合わせ
  • まりも先生の三日坊主ブログ

診療時間(予約制)

開院 開院 開院 開院 開院
  • 初診相談ご予約はこちら
  • 午前:10時〜13時
  • 午後:14時〜19時
  • 日曜日、月曜日以外の祝祭日は、診療を行なっております。
  • 学会などにより、休診日が変更する場合があります。