私、47歳になりました。

47歳の誕生日

私も、7月で47歳になりました。
医学部卒業後、2年間の研修を経て、形成外科を10年、美容外科を10年、卒業後、22年がたちます。
医師としては、ベテランではありませんが、中堅をこえたあたりでしょうか。

意外と若く見られますが・・・

よく患者様に、年齢のことを聞かれ、お答えすると、若く見えますねと言われます。30台後半ぐらいに。
美容のクリニックなので、若く、見られるのは良いことですが、若く見られるということは、美容の経験が少ないとも思われます。
経験的には、美容外科医としては、中堅クラスをこえたあたりなので、ご心配なく。

この10年間の美容外科、美容整形の治療内容の変化

形成外科医を10年した後、美容外科を始めたのは12から13年ぐらい前のことでしょうか。
始めた当初は、すべて手術。というより、手術以外の選択肢はありませんでした。注射としては、コラーゲン注入ぐらいです。

しかし、この10年間の美容治療は、ガラっと様変わり。
切る美容外科から切らない美容外科に。
特に、ヒアルロン酸、ボトックスなどの注射剤。更に様々な治療機器も。

さらに、注射や治療機器を中心とした美容皮膚科という領域も生まれました。

日本人が求める美容とは?

美容に関連するテレビ番組など、最近は、たくさんの情報が普通に流れています。
しかし、日本人の美容に対する意識は、10年間変わっていないとうのが私の本音です。
大きな変化を望むわけではなく、自分を少し変えたいあるいは少し若返らせたいという考えは全く変わっていません。
日本では、韓国のように誰が見てもわかるような変化より、なんか変わったとうナチュラル志向の考えは、今後も変わらないと思います。

これからの美容外科医に求められるもの。

美容外科医としては、ある程度の経験は積んできたつもりです。
新しい治療も、自分が良いと思う治療は積極的に導入して来ました。
今後求められる美容外科医は、患者様が求める要求に対して、どれだけ忠実に合わせることができるかということです。
医師がすべてを決定し、どれだけ変えることができるのかということではありません。

そのため、これからの美容外科医は、注射、治療機器、手術とオールラウンドにこなさなければいけないと思います。
引き出しをたくさん用意し、患者様の要求に忠実に答えられるように。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

まりもクリニック院長 牧野良彦
  • Twitter
  • Facebook

まりもクリニック

院長

牧野良彦

名古屋の美容外科、美容整形、美容皮膚科のクリニック。院長の牧野良彦です。美容のお悩み、ご相談あれば、いつでも連絡ください。クリニックでは、美容外科手術全般、美容皮膚科では、ボトックス注射、ヒアルロン酸注入、PRPなどさまざまな治療を行っています。また、ウルセラ、サーマクール、フォトフェイシャル、レーザーなど様々な治療機器を揃えています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ