Dr.牧野の最新美容情報

失敗しないウルセラのたるみ治療とは?

今回は、ウルセラの副作用についてのお話です。

ウルセラの副作用として注意をしなければイケないポイントは、

・ダウンタイム(腫れ、赤み、治療後の痛み)
・やけど(熱傷)
・神経損傷

ウルセラのダウンタイム

ウルセラの一番の特徴、それは、焦点式超音波です。
タダの超音波ではありません。
皮膚の表面は、素通りして、まったくダメージを与えることなく、皮下組織や筋膜に強力な熱エネルギーを発生させることが可能な唯一の治療機器です。

そのため、照射の仕方(当て方)さえ間違いなければ、ダウンタイムはまったくありません。

赤みに関しては、治療直後はありますが、帰る頃にはほとんどおさまっています。
腫れというより、数日間むくみが出る事がありますが、他人から指摘されるような腫れは出ません。
治療後の痛みは、奥のほうがジーンとした感じがしますが、この感じが治療を受けたという実感が大変あります。また、押さえた時に、奥のほうに鈍痛を感じる事がありますが、この痛みも1~2週間程度でおさまり、日常生活で困るようなことはまったくありません。

ウルセラ(ウルセラシステム)は、これほど強力な熱エネルギーが出ているにもかかわらず、ダウンタイムがほとんどありません。
このような、たるみ治療機器は、今まではなく、初めての治療機器です。

やけど(熱傷)


ウルセラの超音波画像1

この画像は、ウルセラの超音波画像で、以前お見せしたものです。
ウルセラは、超音波の画像診断装置がついています。
この理由は、狙った組織(皮下組織と筋膜)に正確に照射すること、もう一つはチップ(トランスデューサー)が浮かないように確認することです。


では、チップ(トランスデューサー)が浮かないようというのはどういう意味なのか?


ウルセラの超音波画像

ウルセラは、左画像の赤い点で、筋膜と皮下組織だけに強力な熱エネルギーを点状に加えます。この深さに、当たっていれば、やけどを起こすことはまったくありません。
しかし、先端が浮いていると、かなり浅い層(表皮や真皮の浅いところ)に熱エネルギーが加わり、やけどを起こす可能性があります。


ただし、1発ごとに画像を確認し、丁寧に、ゆっくり照射を行えば、やけどを起こすことはありません。
私は、慎重な性格のせいか、ウルセラの施術時間が通常より少し長くなってしまいます。通常、30分程度というところが多いのですが、顔全体で1時間程度はかかります。


神経損傷

ウルセラの超音波画像診断装置では、神経の走行は確認できません。
では、神経をさけて照射するには?
これは、ドクターの経験で、解剖学的なコトをよく理解して、神経の本幹をさけるしかありません。
手術などの経験をつめば、ある程度の神経の走行がわかります。
しかし、浅い皮神経の走行までは、100%わかりません。もし、皮神経に当たった場合、少し、ピリとした感じ、にぶさが出る場合がありますが、ほとんどの方は、1ヶ月程度で完全に回復しますのでご心配なく。

このように、ウルセラは、当て方さえ間違わなければ、ダウンタイムや副作用はまったくなく、効果に関しては、現在あるたるみ治療器としては、最強のものです。
特に、たるみのリフティング効果としては、ウルセラ以外の選択枝はないと思います。

ウルセラ(ウルセラシステム) 名古屋の『まりもクリニックコラム』一覧はこちら

ウルセラ(ウルセラシステム) 名古屋「まりもクリニック」の治療内容、料金詳細はこちら


キーワード ウルセラ 副作用 失敗 



治療機器のご紹介