美容整形・美容外科

ホーム > 診察内容・料金 > 美容整形・美容外科 > ウルトラVリフト > ウルトラVリフト

150,000円~(税抜)

極細吸収糸でリフトアップ。最新のスレッド(糸)リフト。美容鍼灸効果もプラス。

ウルトラVリフト

ウルトラVリフトとは?

極細の縫合用吸収糸を皮内もしくは皮下に挿入し、リフトアップを行う最新のスレッドリフトです。治療直後より効果を実感でき、腫れや青あざななどのダウンタイムが少ないのが特徴です。糸は自然に吸収されるので、溶けない糸は心配という方にも安心して治療が行えます。また、美容鍼灸効果により、ツボが刺激され、美肌効果も期待できます。

ウルトラVリフトで使用する糸の特徴

糸の素材は、PDO、正式名称はPolydioxanone(ポリディオキサノン)。この糸は、元々、内蔵や血管の縫合で使用される吸収糸で、6~8ヶ月で徐々に吸収される糸です。
この糸は、韓国のFDAのKFDAに了承済みです。
日本では、PDS(ポリジオキサノン)という素材とほぼ同じものです。
PDSの詳細はこちら


ウルトラVリフト ショートスレッド


従来のフェザーリフト(スレッドリフト)と異なり、糸自体が棘がなく(逆立っておらず)、短く非常に細い吸収糸です。
治療後に、棘による引きつれがなく、自然なリフトアップ効果が、治療直後より実感できます。


ウルトラVリフトの治療の流れ

治療は、基本的には麻酔のクリームで可能です。麻酔のクリームを塗り、20~30分ほど待って頂きます。
針が非常に細いので、若干、針を挿入時にチクと感じますが、我慢できる範囲内です。
痛みに弱い方、恐怖心が強い方は、静脈麻酔(点滴麻酔で眠っていただく無痛麻酔)を併用することも可能です。

治療時間は1~1.5時間程度です。

ウルトラVリフトの治療後の注意点

  • 治療後の腫れはほとんどありません。
  • 軽度な青あざ(出血斑)を起こす可能性がありますが、1~2週間程度でおさまります。
  • 洗髪・洗顔は治療当日から可能です。
  • お化粧は、翌日から可能です。
  • 手術当日は、軽めのシャワー、入浴は翌日から可能です。
  • 1~2週間は、顔を強くこすらないで下さい。マッサージは1ヶ月避けてください。

ウルトラVリフトの料金(税抜

50本150000円
100本300000円キャンペーン中
150本450000円キャンペーン中

ウルトラVリフトの治療本数と治療範囲

  • 100本→目安は頬~フェイスラインのたるみ
  • 150本→目安は頬~フェイスライン+あご下のたるみ
  • 50本→目安は、頬のみ、フェイスラインのみなどポイント挿入

基本的に、ウルトラVリフトは、広い範囲にたくさんの糸を挿入することで、効果が出る治療です。

ウルトラVリフトの治療範囲は、あくまで目安です。
治療本数の範囲内であれば、どの部位でも治療可能です。
例えば、目の下、法令線、口元など特に気にしている部位があれば、治療本数の範囲内で行います。
細かい希望部位があれば、院長までお伝えください。


キーワード ウルトラVリフト たるみ しわ 


治療機器のご紹介

  • 牧野ドクターの最新美容情報
  • キャンペーン情報
  • お問い合わせ
  • まりも先生の三日坊主ブログ

診療時間(予約制)

開院 開院 開院 開院 開院
  • 初診相談ご予約はこちら
  • 午前:10時〜13時
  • 午後:14時〜19時
  • 日曜日、月曜日以外の祝祭日は、診療を行なっております。
  • 学会などにより、休診日が変更する場合があります。