NEWS

ホーム > NEWS > お知らせ > 「サーマクールFLX」導入しました。

「サーマクールFLX」導入しました。

カテゴリー:お知らせ

サーマクールがフルモデルチェンジ 「サーマクールFLX」登場


サーマクールTC3(2004年~)

サーマクールCPT(2016年~)


サーマクールFLX(2019年2月~)

まりもクリニック開院当初(2004年~)より導入しているサーマクールTC3が、2016年3月~サーマクールCPTにバージョンアップ。今回、サーマクールがフルモデルチェンジされ、2019年2月に「サーマクールFLX」を導入しました。


海外ではサーマクールは、サーメイジと呼ばれています。

サーマクールFLXは、ソルタメディカル社が開発した高周波(RF)を使用したたるみ治療器です。海外では、サーマクールではなく、サーメイジ(Thermage)と呼ばれています。そのため、日本ではThermacool FLX(サーマクールFLX)と呼ばれていますが、日本以外の海外では、Thermage FLX(サーメイジFLX)と呼ばれています。


  • ソルタメディカル社のサーメイジ(サーマクール)の詳細はこちら

サーマクールFLXの効果

  • 肌のたるみ、ハリ、シワの改善
  • 肌の引き締め(スキンタイトニング効果)
  • 肌質改善(肌のキメの改善)
  • 毛穴縮小
  • 小顔効果

最新のトータルチップ4.0㎝2(Total Tip4.0)新登場


トータルチップ4.0㎝2(Total Tip4.0)

まりもクリニックでは、効果的なトータルチップ4.0㎝2(Total Tip4.0)のみを使用します。


トータルチップ4.0㎝2(TotalTip4.0)の特徴


左が従来のフェイスチップ、右がトータルチップ

  1. 加熱領域の拡大
  2. より深い層まで加熱
  3. より痛みの少ない治療が可能
  4. 施術時間の短縮

サーマクールFLX「トータルチップ4.0」について(院長より)


サーマクールCPT フェイスチップ(青色チップ)

サーマクールCPT トータルチップ(Total Tip3.0)


日本でも、まだ、ほとんどのクリニックでは、サーマクールCPTの「フェイスチップ(フレームチップ)」が使用されています。しかし、フェイスチップ(フレームチップ)は、効果の実感はかなり乏しかったのが本音でした。そのため、サーマクールCPTでは、効果的なトータルチップ3.0㎝2のみ使用してきました。


新しいサーマクールFLXの「トータルチップ4.0㎝2(Total Tip4.0)」は、従来のサーマクールCPTのトータルチップに比べて、さらに効果の実感ができます。痛みも少なく、即効性もあります。サーマクールFLXでは、サーマクールCPTのフェイスチップ(フレームチップと呼ばれる青色のチップ)がなくなり、トータルチップのみとなりました。サーマクールCPTの時代は終わり、今後は、サーマクールFLXのトータルチップ4.0㎝2(Total Tip4.0)の時代です。

サーマクールの効果は、ショット数(発数)、パワー、照射方法で大きく効果が異なります。そのため、まりもクリニックでは、サーマクール治療歴15年以上の経験のあり、認定医でもある院長でしか施術は行いません。

サーマクールFLX 名古屋の美容外科・美容皮膚科「まりもクリニック」の治療内容、料金→詳細はこちら


キーワード サーマクール サーマクールCPT サーマクールFLX たるみ 



治療機器のご紹介

カテゴリー

  • 牧野ドクターの最新美容情報
  • キャンペーン情報
  • お問い合わせ
  • まりも先生の三日坊主ブログ

診療時間(予約制)

開院 開院 開院 開院 開院
  • 初診相談ご予約はこちら
  • 午前:10時〜13時
  • 午後:14時〜19時
  • 日曜日、月曜日以外の祝祭日は、診療を行なっております。
  • 学会などにより、休診日が変更する場合があります。