Dr.牧野の最新美容情報

たるみの最新治療のウルセラがあることは、昨年より知っていました。
しかし、昨年末、レーザー治療機器のキャンデラ株式会社より、メディカルロジックに販売権が変わったので、デモンストレーションを行うのが遅れてしまいました。
ウルセラが、どのような効果があり、痛みがどうなのかを確認するために、今年の2月、はじめのデモンストレーションを行いました。
まずは、2人の患者に、年齢は40歳代の女性二人。
始めて扱う機器のため、痛みを加減しながら、治療を行いました。
まずは、そのとき感じたのは、痛みの感じ方が他の治療機器と明らかに異なるということ。奥の方が、ハリでチクチクと刺されてるような感じ。明らかに深いところに反応していると言うことがハッキリ分かります。
しかし、痛みが強く感じる部位があり、特に、額とあごの下でした。この痛みは、ウルセラ独特でした。
初回ということもあり、痛みが強ければ、パワーを下げるという形で、治療を終了。
パワーを下げれば、痛みはクリアーできるということが分かりました。

その効果は?

直後

まず、一番初めに感じたのは、照射している最中に、顔の形が変化し、ひきあがっていくのが分かるということ。
ウルセラの効いている深さを考えれば、あまり、速効性はない(効いている場所が場所が深すぎて、すぐには効果は出ない)と思いましたが、しかし、治療直後よりひき上がりが分かるということには驚きました。

1週間後

早くも、リフトアップ(ひきあがり)効果が、外観的に分かってきました。
特に、分かりやすいのがフェイスラインの引きあがり。顔が小さくなった感じがします。
本人の実感としては、額の引きあがり効果が分かりやすいようです。

1ヵ月後

ウルセラのリフトアップが一番分かりやすい時期だと思います。このひきあがり効果は、今までさまざまな治療機器を扱ってきた私にとって、驚きの効果でした。

ウルセラ社いわく、効果が最大限に出るのは、治療後3ヶ月で、その効果の持続は1年以上と。しかし、想像していた効果より、早くその効果が現れ、リフトアップ効果も従来の治療機器とは次元の異なる効果が現れました。

ウルセラ社が推奨するパワーは顔全体をフルパワーで照射するというもの。フルパワーで、最大限の効果を安全に出すように作られているそうです。
しかし、フルパワーでは痛みが強いため、顔全体を照射する場合は、痛ければパワー下げるしかないと思われます。
また、ウルセラは、マニュアルがあってないようなもので、一人一人、患者様によって当て方が変わり、特に、ドクターの技量でその効果は大きく変わるということでした。

次回は、2回目に行ったデモンストレーションについて述べたいと思います。
ポイントは、ウルセラの効果を最大限に出すため、無痛麻酔と呼ばれる静脈麻酔を使用し、フルパワーで最後まで治療可能かどうか。
もう一つは、たるみの強い人に、どれだけの効果が出るのかということです。

ウルセラ(ウルセラシステム)名古屋の『まりもクリニックコラム』一覧はこちら

ウルセラ(ウルセラシステム) 名古屋「まりもクリニック」の治療内容、料金詳細はこちら




治療機器のご紹介