美容皮膚科

ホーム > 診察内容・料金 > 美容皮膚科 > フォトRF(フォトフェイシャル+高周波) > フォトRFオーロラ

25,000円(税抜)~

しみ・そばかす、くすみ、肌のキメ・ハリ、にきび跡、赤ら顔などの治療に使用します。

フォトRF・オーロラとは

皮膚表面に作用するフォトフェイシャル(光エネルギー)と、皮膚の奥深くに作用する高周波(RF)の両方を照射することによりシミ・くすみだけではなく、肌のハリ・小じわの改善、毛穴の縮小などの効果があり、より幅広い美肌・若返り治療が行えます。


フォトRF オーロラ

フォトフェイシャル+高周波


フォトRF・オーロラの効果


  • シミ、そばかす
  • くすみ
  • 肝斑(かんぱん)
  • 肌のハリ
  • 毛穴の開き
  • 肌質改善
  • 赤ら顔
  • にきび跡(にきび痕)の赤みの改善

肝斑のフォトフェイシャルは、肝斑を悪化させないように弱めのパワーで行います。レーザートーニングと比較して、1回での効果がわかりやすことが特徴です。

フォトRF治療前の注意点

  1. 前日に、お顔のうぶ毛を剃っておいて下さい。(パワーを上げていくと脱毛効果もあるので、必ず抜かないようにしてください)
  2. 紫外線予防のため、化粧した状態でお越し下さい。来院してから洗顔し、化粧を落としていただきます。

フォトRFの治療手順


フォトRFオーロラ治療中

  1. クレンジングで、洗顔をしていただきます
  2. 専用のジェルを塗布します
  3. テスト照射を行います
  4. 細かく、重ねながら、丁寧に照射します
  5. ジェルをふき取り、洗顔をします
  6. 化粧水、日焼け止めを塗り、メイクをして終了

フォトRFの治療回数、治療間隔


  • 3~4週間間隔で、3~5回程度の照射を御勧めします。
  • 美肌を維持する上では、2~3ヶ月に1回の定期的な照射を御勧めします。
  • 1ヶ月に1回の治療を継続することも可能で、それにより、最良の美肌状態(美白、肌のハリ)を継続することが可能です。

フォトRF治療後の注意点

  • 照射直後、皮膚の軽度な赤み、ほてりを感じますが、数時間から半日でおさまります。
  • シミのところは、反応するとうすいかさぶた(ごま塩状態、マイクロクラスト)になり、一時的に濃くなったように見えますが、早ければ3から4日、長ければ1週間以内に自然に取れてきます。強くこすらないようにしてください。
  • 治療後は紫外線に敏感になるので、強めのUVケアー(SPF30~50、PA++~+++)塗ってください。化粧をしていただいても構いません。
  • シミの患者様は、美白剤の併用も御勧めします。

フォトRFオーロラ治療前

フォトRFオーロラ治療後3日目


フォトRFオーロラ治療後1ヶ月


フォトRFオーロラの照射範囲と照射時間


両頬(20分)

両頬+鼻(25~30分)


眉下の顔全体(35~40分)

顔全体(40~45分)


フォトRF・オーロラの料金、費用(税抜


  • 両頬 1回 25,000円
  • 両頬+鼻 1回 30,000円
  • 眉下の顔全体 1回 35,000円
  • 顔全体 1回 40,000円

フォトRFの後に、エレクトロポレーションの併用を御勧めします。
フォトRF併用の場合、エレクトロポレーションは+6,000円(税抜)とお得です。


キーワード シミ・そばかす くすみ 肝斑 肌のハリ にきび跡 赤ら顔 


治療機器のご紹介

  • 牧野ドクターの最新美容情報
  • キャンペーン情報
  • お問い合わせ
  • まりも先生の三日坊主ブログ

診療時間(予約制)

開院 開院 開院 開院 開院
  • 初診相談ご予約はこちら
  • 午前:10時〜13時
  • 午後:14時〜19時
  • 日曜日、月曜日以外の祝祭日は、診療を行なっております。
  • 学会などにより、休診日が変更する場合があります。