美容整形・美容外科

ホーム > 診察内容・料金 > 美容整形・美容外科 > > 二重まぶた(二重) 埋没法

両側 100,000円(税抜)

切らずに細い糸で二重に整形する方法です。一重を二重に、奥二重を末広型・平行型に、二重の幅も自由に広げることができます。

プチ整形の代表で、切らず糸だけで二重にする方法です。
一重を二重にするだけでなく、幅の狭い二重を広くすることもできます。
目の上のたるみも軽度なら、埋没法で治療可能です。

『まりもクリニック』の二重まぶたの埋没法の特徴

  • まりもクリニックの埋没法(線止め)は、1点止め・2点止め・3点止めの埋没法に比べ明らかに取れにくい。
  • 奥二重、末広型、平行型など形も細かく調節できる。
  • 目を閉じたとき、糸の結び目(糸のふくらみ)がわからない。
  • まりもクリニックでは、『いちだクリニック』式埋没法で行っております。

「いちだクリニック」二重埋没法

従来の二重まぶたの埋没法(1点、2点、3点止め)の欠点

  • 取れやすい、長持ちしない
  • 糸の結び目が、目を閉じたときにわかる

二重の手術方法とポイント

  • 手術は局所麻酔で、片目で10分から15分程度です。
  • 埋没の糸は、髪の毛の太さぐらいの細い糸を使用します。
  • 術後の腫れは少ないですが、個人差があります(3~4日程度)。
  • 出血斑(青たん)が出ることがありますが、翌日から化粧は可能です。
  • コンタクトはソフトなら翌日から可能です。ハードは2~3日してからつけて下さい。
  • 埋没法は、当日、カウンセリング後に手術可能です。

術後の注意点

埋没法を長く持たせるためには、目を強くこすらないこと一番大切です。

二重の埋没法の料金、費用(税抜)

  • 両側 100,000円
  • 片側 50,000円

保障期間は1年(ただし、意図的に目を強くこすらない場合に限り)です。
それ以後の修正に関しては、片側40,000円(税抜)で行います。

院長のワンポイントアドバイス

埋没には、さまざまな方法がありますが、取れにくい、長持ちする方法で。
術前に、どのような幅にしたいのか、どのような幅があっているのかをドクターとしっかりカウンセリングを。
埋没は腫れは少ないですが、まったく腫れないわけではないので、どの程度腫れるかをしっかり確認を。二重の幅によって、腫れ方も変わります。


キーワード 二重 まぶた 埋没法 プチ整形 


治療機器のご紹介